知っておきたいオフィス家具のサブスクの魅力

オフィス家具のサブスクを利用する利点と注意点

オフィス家具のサブスクのメリット

オフィス家具のサブスクを利用するメリットとして真っ先に挙げられるのは、購入に比べて大幅にコストを抑えることができる点でしょう。
もちろん、継続的に利用すればコストはどんどん積み上がっていきますが、よほど長期でない限り購入金額を上回るということは稀なはずです。
また、取得価額が10万円以上(青色申告時には30万円以上)のオフィス家具を購入すると、新規の資産取得にあたるため固定資産として申請・登録する必要があります。
その場合、計上の手間と労力は馬鹿になりませんし、固定資産税の支払いも発生してしまいます。
その点、サブスクでは資産に計上する必要はなく、固定資産に関する管理や納税、減価償却など事務処理も不要です。

オフィス家具のサブスクの注意点

便利な点も多いオフィス家具のサブスクですが、注意しなければいけない点もいくつかあります。
一つは、長期で使う場合は利用料が累積して割高になる可能性があることです。
いくら購入金額を超えることは少ないと言っても、近い額を費やしてしまえば資産にならない分マイナスになりますし、利用するメリットも薄くなります。
他には、最低利用期間に満たないうちに中途解約すると手数料がかかる点が挙げられます。
場合によっては、契約期間満期利用と同額の解約料を請求されることもありますので、ご利用に際してはしっかりと計画を立てておくべきでしょう。
また、月額利用料の他に、組み立て手数料や送料が別途かかるケースもあります。
うっかり見落として割高になってしまったという事態は当然避けるべきなので、契約内容はしっかりと確認しておいてください。